前へ
次へ

介護関連でケアマネジャーの探し方

介護保険といえば地方自治体が行っている制度で、保険料などは健康保険と一緒に支払うことになるでしょう。
健康保険のように日常的に使う保険ではないので高齢になって初めて利用を考えるかもしれません。
日常生活に負担が出始めたらまずは地方自治体の役所などに相談するようにしましょう。
すると要介護認定を受けた上でサービスが受けられることを教えてもらえるでしょう。
認定に関しては地方自治体が行ってくれ、自分がどの区分に該当するかを教えてもらえます。
その次に必要になるのがケアマネジャーで、こちらは地方自治体が派遣してくれるわけではありません。
居宅介護支援事業所に所属する専門の資格者で、利用するときは民間業者から選んできてもらうことになります。
通常は自宅に近い事業所に連絡をすることが多いですが、将来利用する可能性がある併設サービスから選ぶこともあります。
併設サービスはケアマネージャーが所属しているだけでなく一定のデイサービスなどが受けられるところになります。

Page Top